レイカーズ 対 ピストンズ。 1950

ジョージ・マイカン

対 ピストンズ レイカーズ

ゲーム1は、4QTピストンズが粘って敗北、ゲーム2は、ブライアントが奮闘し勝利。 ラリーバードは背中の痛みのために床に横たわり、マッサージを受ける姿が印象的だった。

9

レジェンドのシャックがレイカーズ時代の“ラストダンス”を振り返る

対 ピストンズ レイカーズ

:2004-2009• 1994年に誕生したのプロチーム、シカゴ・チーターズには取締役員として参加するが、このチームは僅か2年で解散した。

12

ロサンゼルス・レイカーズ

対 ピストンズ レイカーズ

G - ,• そしては黒人選手として初めてNBAの試合に出場した。

10

1990

対 ピストンズ レイカーズ

シリーズはスパーズが最初の2試合を連勝して先行していたが、その後レイカーズが盛り返して4連勝を飾り、シリーズを制した。

15

2月7日(現地6日)の試合結果&ハイライト:レイカーズが4連勝、ステフィン・カリーが57得点ほか

対 ピストンズ レイカーズ

レイカーズに計5回の優勝をもたらしたにも関わらず、同チームのに、マイカンの背番号『99』は見られない。

マジックジョンソンとラリーバード

対 ピストンズ レイカーズ

では出身のを全体2位で指名した。 シーズン平均106. 引退へ [ ] 、NBAは当時のリーグを悩ませたロースコアゲームの頻発に対処するため、24秒バイオレーション(ショットクロック)を導入。 そして2017年にからチームを引き継いだレイカーズのオーナーであるは、NBAチャンピオンを獲得した初の女性オーナーとなった。