源泉 税 納付 書 書き方。 年末調整で還付があった場合の納付書(給与所得等の所得税徴収高計算書)の書き方

【源泉所得税 納付書の書き方】令和への対応 年度や区分など

税 書 源泉 書き方 納付

いずれも1月~6月までの合計額を記入します。

3

納付書の書き方【納期特例から年末調整後まで全てご案内】

税 書 源泉 書き方 納付

延滞税があるならば本税に延滞税をプラスして記入します。 ホステス、 コンパニオン等の報酬(第204条第1項第6号)• なお、司法書士への報酬は基礎控除控除前の報酬総額を記載します。

19

源泉所得税の納付書の書き方と記入例【半年ごとに納付する納期の特例の場合】

税 書 源泉 書き方 納付

上記の場合は税金がありませんので0円です。

11

納付書の記載のしかた(報酬・料金等の所得税徴収高計算書)|国税庁

税 書 源泉 書き方 納付

本店の所在地が変更になり、管轄も変わったけど記入し直した納付書がまだ手元にない場合などに書くことがあるかもしれません。 改正のあらまし関係• 源泉徴収をしなければならないものは 所得税法という法律に 限定列挙(書いてあるものだけが対象)されていますので それ以外であれば 源泉徴収をする必要はありません。 納期等の区分に記載した期間中に賃金を支払った日雇労働者の延べ人数を記入します。

「報酬」に対する源泉徴収

税 書 源泉 書き方 納付

)の業務に関して支払う報酬・料金について記載します。 【源泉所得税の納付書の「税理士等の報酬(08)」に記入すべき報酬】 源泉所得税の納付書の「税理士等の報酬(08)」には、次の報酬を記載します。 【年末調整超過額と不足額の両方がある場合】 年末調整超過額と不足額の両方がある場合には、不足額はプラスし、超過額はマイナスして納付すべき源泉所得税を計算します。

「報酬」に対する源泉徴収

税 書 源泉 書き方 納付

広島で起業・創業をサポートするBOAでした。

2