エチレン グリコール。 エチレングリコール中毒

職場のあんぜんサイト:化学物質:エチレングリコール

グリコール エチレン

この製品を使用する時に、飲食又は喫煙をしないこと。 血液中のエタンジオール-1,2の代謝産物を急速に減少させることは 、急性中毒における血液透析を助ける。

20

グリコールとは

グリコール エチレン

C 2H 6O 2、 HO-CH 2-CH 2-OH、 62. ガイダンスの改訂により最も多くのデータ 3件 が該当する区分外とした。 以上より、分類は区分1 中枢神経系、呼吸器、心臓 とした。 2-Butossi-etanolo• そのほかにも食欲不振や虚脱、流涎、昏睡、嘔吐、痙攣など、いかにも中毒をイメージさせる症状が多数見られます。

18

職場のあんぜんサイト:化学物質:エチレングリコール

グリコール エチレン

移送時にイエローカードの保持が必要。

17

【化Ⅰ・有機】「エチレングリコール」という命名の理由は?

グリコール エチレン

3-Oxaheptan-1-ol• , Hazard class: 9; Labels: 9-Miscellaneous hazardous material, Technical Name Required 純化方法 It is very hygroscopic, and also likely to contain higher diols. Immediate steps should be taken to limit its spread to the environment. 2-ヒドロキシエタノール• 5 分後から喉及び上気道の痛みがあり、79 ppm 以上では、痛みが非常に激しく 1 分以上耐えられなかった NITE初期リスク評価書 2007 、ACGIH 7th, 2001。 さらに、本安全データシートはモデルですので、実際の製品等の性状に基づき追加修正する必要があります。 皮膚に付着した場合:皮膚の乾燥。

17

エチレングリコール

グリコール エチレン

07 化学特性 示性式又は構造式 CAS番号 107-21-1 官報公示整理番号(化審法) 2 -230 官報公示整理番号(安衛法) 情報なし 分類に寄与する不純物及び安定化添加物 情報なし 4.応急措置 吸入した場合 被災者を新鮮な空気のある場所に移動し、呼吸しやすい姿勢で休息させること。 In lacquers butyl "Cellosolve" imparts a slow evaporation rate, strengthens blush resistance, heightens gloss, improves flow-out and helps prevent orange peel. エチレングリコール中毒には3つの段階があります。 [徳丸克己]. Stabilizer for soybean foam used to extinguish oil and gasoline fires. すなわち、第一段階 摂取から0. 皮膚刺激が生じた場合、医師の診断、手当てを受けること。

16

エチレングリコール

グリコール エチレン

同様に悪影響肺、心臓、中枢神経系および末梢神経系、肝臓、造血およびリンパ系に影響を与える、気管や咳で灼熱感を含んでいる上気道の重度の刺激 - 5分間のmはエチレングリコールの中毒蒸気が発生します。 用途 ポリエチレンテレフタラート、ポリエステル、PETボトル、不凍液 モノエチレングリコールはポリエチレンテレフタラート(PET樹脂)の主原料の一つである。

グリコールとは

グリコール エチレン

Wear appropriate protective equipment to prevent skin and eye contact. 一置換エチレングリコール• エチレングリコール中毒に限らず、「普段とは何か様子が変だ」という"異常"へのセンサーを常に張り巡られておくことがとても大切です。 この製品を使用する時に、飲食又は喫煙をしないこと。

5

職場のあんぜんサイト:化学物質:エチレングリコール

グリコール エチレン

中枢神経系、呼吸器、腎臓、心臓の障害 特定標的臓器・全身毒性 (反復ばく露): ヒトについて、「意識消失、眼球振とう」「軽い頭痛と腰痛、上気道の刺激」 33 との記載があり、実験動物については「肺及び心臓に炎症性の変化」 33 との記載があることから、標的臓器は中枢神経系、呼吸器、心臓と考えた。 Norkool• 保護具 呼吸器の保護具: 適切な呼吸器保護具を着用すること。 It is soluble in water and in alcohol. To fight fire, use alcohol foam, water, foam, CO2, dry chemical. なので、エチレングリコールという名称はさほど不自然とは思いません。

18